2017年10月18日 (水)

みんなの食堂は、少しは役に立ってるのか?

おはようございます。

久しぶりに晴れましたが、気温は低めです。

2017

                                                                                                      

昨日は、「みんなの食堂」https://ebinaminna.wixsite.com/homepageの打ち合わせ。


孫の面倒やら同窓会やら体調不良やらで欠席多数でしたが、
相模女子大の学生さん2人が、前回に引き続き参加してくれて、
自分たちが参加した他の地域の「子ども食堂」の様子を教えてくれて、
メンバー一同元気アップしました。

 

中でも、
調布市のキートス
http://cosite.jp/town/facility/seisyounen/kiitos/chofunpo/36243_nは、
経済的な貧困、障がいがある子どもたち、
親がめんどうをみられない子どもたちなど、

様々な環境の子どもが集まっていて、
虐待されていたり、リストカットを繰り返してしまう子もいて、

家族の為にお弁当まで作って持たせるという話。

支援の手厚さに驚き、頭が下がる思いでした。

 

彼女たちは大学で子ども食堂を研究テーマにしているのですが、

「食事を提供することで支援できていると感じることは何ですか?」という質問に、

「単身高齢者が皆と顔なじみになっておしゃべりして帰れらるのがいい」

「働くママたちの手助けになっている」

「地域で顔の見える関係づくりが進んでいるのでは」

「イワシの手開きなど普段はやらないことをやってボケ防止になってる」

など、メンバーからポジティブな意見が出ました。


来週のメニューは、

魚のムニエル、粉吹き芋、南瓜のスープ。

お楽しみに。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

小さな一歩

おはようございます。
いつまで夏が続くんでしょうね。

Photo_2





一昨日、議員全員協議会で、 「奨学金返還補助の対象者拡充の見直し」の報告がありました。

11/1から、
「返還2年目までの者」➡「返還何年目でも可」に、
返還年数の条件が撤廃されるのだそうです。

実は、
この若者定住促進事業は、海老名市が春に発表した事業で、
急ごしらえで、どれだけリアルな政策なのか見守っていたところ、
5月に友人から連絡あり。

娘さんが申請したが返還年数の条件に合わず対象から外れたと。
「担当課に電話したが納得がいかない
と指摘を頂いたのです。

そこで、
「交付要綱で、申請年度もしくは前年度に返還を開始した者と、
限定した理由は何か?」と担当課に尋ねると、
➀条件を限定しないで誰にも補助ができればいいが、
ある程度条件を絞らないと、事業そのものが実現できなくなる可能性がある。
②経済的な支援なので財源の問題もあり、
始めの年は、2年目までの返還の方対象に決めた。
5月時点で、申し込みはまだひとケタ。

年内受け付けるが、変更もありうる。
「市民の方からの要望はしっかり承っており、
お気持ちは胸に刻んでいます」

との返答でした。

今回、さっそく改善が図られたことになります。
友人に伝えたところ、
娘さんの申し出が叶うかどうかわからないが、うれしいと。
                                                                                  
市民の声が行政を動かすというのはこのことか、
と実感しました。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

排除や選別のない社会に

おはようございます。
寒いので、トレーナーを着ています。

テレビをつければ、
小池劇場を見ない日はないという毎日です。

国民にとっては、
どの政党が国民の声を聞き、
痛みや不安に答えてくれるかを知りたいのに、
メディアの報道は政局ばかり。

このままでは、
国民の大半が政党の違いをよくわからないまま、
選挙戦に突入しそうです。

一地方議員としては、
9
月に閉会した市議会の様子を市民の皆さんにわかりやすく伝え、
市民の為のまちづくりを一歩一歩進めていくことだろうと思います。

9月定例会の一般般質問の録画がネット公開されています。
http://ebina.gijiroku.com/g07_Video_View.asp?SrchID=1059
お時間があればご覧ください。

テーマは、
「誰もがずっと住み続けられるための住宅施策について」。

住宅に困窮する単身高齢者や障害者、ひとり親への居住支援を糺しました。
市長の答弁は、
人口増をめざして子育て世帯への住宅政策を進めたいとのことで、
住宅困窮者への支援の取り組みは、ほとんどスルー。

困っている特別な人のためだけでなく、
多くの市民の安心につながる施策を今後も求めていきます。

通信8号を作成中。
10/15過ぎからポスティング開始します。
7
号をアップしておきます。

Vol

Vol7


 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

避難訓練は災害弱者が住民と知りあうチャンス

おはようございます。

今日は曇り空。

 

昨日は、中新田コミセンで避難所運営訓練が行われ、

参加してきました。

Photo_2


 

班別に分かれた救護班では、救急セットの点検をしたり、エコノミークラス症候群予防体操をしたりしました。

Photo_3





一緒に訓練に来た友人は疲れて別室で休んでいて、炊き出しのワカメご飯を試食する時間になっても会場に来ないので、携帯に電話すると、スタッフから「待っているように」と言われたと。

 

意思の疎通がうまくできないと、 
周囲の人とのコミュニケーションがとれず、
それが障害やトラブルになります。


障害者などの
災害弱者は福祉避難所に避難してと言われますが、

実際に災害が起こったときのことを想定するなら、

こういう訓練に参加して、
周囲の住民と知り合いになっておくことが大事です。


その後、友人と合流し、ご飯も一緒に楽しく食べることができました。

周りの人に顔を覚えてもらったので、

「緊急時には助けてもらえるね」と話しました。

 

近くの団地には、外国人が50世帯くらい住んでいるのですが、

参加はたったの一人。
もっと参加を促すことも必要だと思います。

 

先月の総務常任委員会でも要望したのですが、

国際交流は、市民まつりでテント貼ってイベントをやらなくても、

こういう時に、話したり顔見知りになったりできるのです。

 

9/29で、9月議会定例会が閉会したので、

ひろこ通信VOL..8の作成に取りかかっています。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

心ある人の力で何かが動いていく

おはようございます。

残暑ですね。

20179

 


昨日は、“みんなの食堂”
14回目。大人24人幼児9人小学生2人スタッフ11人、 46人の参加でした。

 

単身高齢者や食事作りが困難な方、
若い親子の参加が定着して、

各テーブルで話が盛り上がっていました。

 

“子ども食堂”は、

孤食の子どもたちに食事を提供する子どもの居場所として、
全国で活発になってきている活動ですが、

本当にニーズのある子どもがなかなか来られない現状があります。

 

”食堂”のことを聞きつけて、

元中学の教師の方が学習支援を申し出てくれたのですが、

肝心の子どもがいないのでは、

支援のしようがありません。

 

学校は学校で、学び支援をやっていて、

そちらに力を注がねばならないというのもあり、

個人情報の壁もあり、
地域との連携はなかなか難しいようです。

 

私は、学校にも地域にも子どもの居場所があり、

子ども自身がどちらも選択できるのがベストだと思います。

 

そんな悩みを抱えているところに、

昨日は、神奈川県のスクールソーシャルワーカーと、

海老名市教育支援センター家庭訪問相談員の若い女性二人が、

参加して下さいました。

 

いろんな人の思いが集まって、
子どもたちから信頼される居場所が地域に少しづつできていく、

そんなプロセスに立ち会えるのが、幸せです。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

日本の原風景が残る日向薬師へ

こんにちは。

 

秋雨と共に秋がいよいよ到来。

Photo

 


昨日は、お墓参りに行き、帰りに彼岸花を見に、伊勢原の日向薬師までドライブしました。

                                                      

Photo_2



彼岸花は半分くらい終わりかけていましたが、稲が黄色く色づき、柿の実と、栗の実がたわわに成り、コスモスも満開。

 

Photo_3


 


歩いたのは、ほんの30分程度でしたが、赤とんぼが飛びかう日本の秋の風情を堪能しました。

 


午後は、中新田自治会役員さんたちと一緒に、

厚木駅南地区の市街地再開発事業について、

海老名市まちづくり部市街地整備課の職員から、
説明を聞きました。

 

状況は、私が昨年9月に一般質問したときと大きな変化はないようでしたが、

地権者の高齢化が進み、
計画の実施は容易ではなさそうです。

 

私が育った厚木駅周辺地域が、
ただ開発され便利になるだけでは困ります。

高齢者も子どもも誰もが住みやすくするには、

権利者と市との協議とは別に、
住民が状況を理解し、納得できる話し合いの場が、
持たれることが必要と思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

人々の温かさと手づくりおはぎ

おはようございます。

 

今日から夏と秋の空気が入れ替わりそうです。

 

昨日は、

9時から10人の議員の質問を聞き続け、

17:50の自分の番までモチベーションを保ち続けるのが、

かなり大変でした。


やっと本番になったときは、
ほとんどやる気がダウンしていて、

こんなんじゃダメだと、
休憩時間にシコを踏んで気合を入れ直し。
 

壇上に上がって傍聴席を見上げると、

夕方18時というのに、数人の方が傍聴に来て下さっていて、

笑顔で手を振ってくれたので、勇気が湧きました。


今回のテーマ
「空き家対策と単身高齢者、障害者、子育て世帯の居住支援」は、

昨年8月に富山まで研修に行き、
一年間ずっとあたためてきた課題でした。


海老名市にとっての住宅セーフティネットの課題は、

まだ空き家も少なく、それほど顕在化していませんが、
居住支援を必要としている市民の実態を、

行政がしっかり把握して、
縦割りの部署を超えて対策に乗り出してほしい


議場から出ると、

思いがけない方々が傍聴して下さっていて、

「とても分かりやすくて、良かったよ」

と声をかけて下さいました。


一人でふり返りをする前に、

感想が聞けるのはとてもありがたいし、力になります。

Photo

 

帰宅したら、
なんと、兄嫁特製のおはぎが届いていました。しあわせな瞬間でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

地域の力

おはようございます。

 

夏の暑さがぶり返しているようです。

今日から2日間、一般質問が始まります。

私はくじ引きで11番目なので、
17時半から18時くらいから始まります。

インターネット中継をご覧ください。

不思議にいつも同じような時間のくじを引かれる人がいますが、
くじ運のいい人はいるものですね。

2017



週末は、かかし祭り表彰式、中新田自治会主催の敬老会、海西中学校の体育祭と、秋のイベントが満載でした。

 

中新田地区の75歳以上の高齢者は千人以上。

 

午前と午後2回に分けて、

中新田コミセンで催された敬老会には、
それぞれ100人以上の参加があり、
驚くほどの盛況でした。

 

地域の方の日本舞踊、アコーディオンの演奏、
ストレッチ体操などが披露されて、
皆さんとても楽しまれていたようです。

 

この催しが成立するには、

地域の民生委員さんが一人ひとりの高齢者宅を訪問し、

参加意向を聞いているのだと、

ご苦労話を聞きました。

一人40人から50人を担当していて、

以前は、敬老会に参加できなかった方に、

お土産を配っていたというから、これまたすごい。

 

高齢者へのアプローチは、

決して無駄なことじゃなくて、

災害時の要配慮者の把握などに活かされていくのだろうと、

敬老会事業に参加して思ったのでした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

姫りんご色づき始めました。

こんにちは。

 

台風が近づいていて、雨が降ったりやんだり。

Photo_2


今朝は、厚木駅近くの坂本典礼の駐車場で、駅前商店会のローカルフェスタが開催されていたので、ヨーヨー釣りに、サクと出かけてきました。

 

いつものことですが、私がいろんな人とおしゃべりしてる間、サクはおとなしく待っていてくれます。

 

歩いて帰る道々、サクが「楽しかったね」と言うので、
楽しかったのかなあと、
ちょっと申し訳ない気持ちになります。

 

先週は、
総務常任委員会と、議会改革特別委員会での質疑、

一般質問と決算質疑の聞き取りなど、
かなり集中した時間を過ごしました。

 

議会改革特別委員会で、私は昨年度から、
「一般質問を3日間にしてはどうか」
と提案しています。

 

海老名市議会は、ほとんどの議員が質問するので、

一日目が11人、2日目が10人で、
9時から18時過ぎまできちきち。

 

自分の質問が終わればあとは知らんふりになりがちなので、

多くの市議会のように、一日6人くらいにして、
他の議員の質問やそれに対する行政の答弁に耳を傾け、
オール議会として議論して行くべきというのが、私の主張です。

 

それに対して、

「過去に特に問題はなかった。年に8日間くらい頑張り通せないのか?」

「今までずっとそうしてきてるんだから変えることはない」

3日目を予備日にして備えればいい」
など、様々な意見が出ました。

 

3日間にすると、何が問題があるのか?
次回に、問いたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

青い空にアドバルーン

おはようございます。

 

雨模様のどんよりとした空です。

2017_3






   かかし祭りの会場に揚げられた赤い風船➡

 

明日から3日間の日程で、3常任委員会が開催されます。

私は、明日9/13()総務常任委員会で、以下の議案を審査をします。

 


議案第40号 海老名市一般職の職員の配偶者同行休業に関する条例の制定について

議案第41号 海老名市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途及び規模の基準に関する条例の制定について

議案第42号 海老名市市税条例の全部改正について

議案第47号 工事請負契約の変更について(仮称)市道53号線バイパス道路新設工事

議案第51号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(2)

(仮称)子どもセンター整備事業の実施 7,415万円

消防分団施設の整備 4,909千円

防災ラジオ配布事業の充実 5,670千円

国分寺台文化センター大規模改修の設計 12,000千円

 


以下は、お知らせです。


9/14()文教社会常任委員会終了後、

舞鶴市、大東市、京都市の視察(5月実施)の報告を行います。

私は、京都市コミュニティスクールについて報告します。

 

9/15()経済建設常任委員会終了後、
議会改革特別委員会が開催されます。

私は、市議会の現状をしっかり議論した上で、
議会基本条例策定を進めていく姿勢で臨みます。

 

9月から、
議会運営委員会を除く、
全ての委員会のネット中継が実施されることになりました。

なんでもネット配信できればいいというわけではありませんが、
議会の可視化が進み、
議員の姿勢が市民によりわかるようになると思います。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

場所を移したきんかん、今年は実がなるかな。

おはようございます。

 

今日は秋晴れ。

Photo

        
       きんかんの花が咲きました


昨日は、一日議員控室にこもり、
一般質問作成のために、担当部の聴き取りをしていました。

 

市民の為に「こんなふうに政策を作ればいいのでは」と、

発明家よろしく提案するのですが、

長いこと専門でやっている職員に一蹴され、
スタート地点に逆戻り。

 

わからないことを何度も聞き、考えてまた問いかけ、

あきらめずにまた聞く。

 

私のまとまらない考えに対して、

実態を丁寧に説明してくれる職員さんのおかげで、
地域や行政の実情が次第にわかり、

取り組んでみようと思えてきました。

 

くじ引きで、私の一般質問の順番は11番。

9/20(水)の18時頃になりました。


通告した内容は以下の通り。

 

1. 誰もがずっと住み続けられるための住宅施策について


  (1)空き家対策の具体的な取り組みについて

海老名市の空き家対策の現状と、今年4月から運用を始めた海老名市宅建業者協力会との空き家対策に関する協定について、その目的、取り組み内容、運用開始からの成果、具体的な進捗状況を伺います。

 

 (2)高齢者や障がい者、子育て世代の居住支援について

   住まいに困窮する高齢者や障がい者、子育て世代の実態と居住支援の現状、今後の取り組みについて伺います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

この30年で何が変わったか?

おはようございます。

 

涼しくなって、また暑くなるかもと思っていたら、
秋が勝っちゃいそうですね。

Photo

 


                                                                                        

 

昨日は、NABA(摂食障害者の自助・ピアサポートグループ)の30周年記念講演会に、参宮橋のオリンピックセンターまで行ってきました。

 

精神科医の斎藤学さんの話は、昔の思い出話ばかりで、うんざりでしたが、上野千鶴子さんの講演は、相変わらず歯切れが良くて行ってよかったです。


最初のところで、上野さんが斎藤さんに、
「自慢話や昔話を聞かせるオヤジと同じ」

とやんわり指摘、スッキリしました。

 

上野さんのテーマは、

30年で社会や私(個人)がどう変わったか?」

 

この30年の変化は、

ロマンチックイデオロギー(結婚は死ぬまで)の洗脳が解け、
女性にとって性のハードルが低くなったこと、

女性の受忍限度が下がったことによる未婚、離婚の増加、

面前DVは子どもへの虐待と法制化されたことなど。

 

一方で、

新自由主義政策による非正規雇用が拡大し、

女性は少子高齢化の最後の資源として、

家庭と仕事の両方とも手に入れなければならない社会になった。

 

選択肢が増えた分、女性のメンタルヘルスが増えた。

アクティングアウト(攻撃性を外に出すこと)できない子どもたちに、

何が起きているのか?

 

高齢になれば誰もが中途障害者になる。
相互依存は、恥ではなく誇りであるような社会をめざそうと。


「自立とは、依存先の分散である」
というメッセージを発信している熊谷晉一郎さん

『みんなの当事者研究』を読んでみようと思います。


今日はこれから、
家族会の皆さんと秦野病院の見学に行ってきます。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

発達障害家族教室交流会への市の支援がgood!

おはようございます。

 

暑いのは今日までと天気予報は言ってるのだけど、暑いです。

 

Photo

 

                                        

← 秋の気配を感じる昨日の夕やけ

 

一昨日は、発達障害家族教室交流会でした。

 

この会は、
昨年から毎月一回開催されていて、

家族や支援者が集い、思いを語り合う場です。

 

毎回の参加者は10人くらいですが、

お互いに顔見知りになり、
気軽におしゃべりできるようになって、

すっかり定着してきました。

 

すばらしいことには、

障がい福祉課のほうで”お便り”を出してくれていて、

欠席しても前回の様子がわかり、
継続につながっています。

 

毎回ボランティアで秦野市から参加し、

ワンポイントアドバイスをして下さっている吉澤先生によると、

「家族教室を障がい福祉課が開催してるのは、

神奈川県でも海老名市だけ」

とのこと。

 

家族会は、とかく、愚痴を言うだけに終わりがちですが、

「こうなったらいいな」

ということをグループワークで共有し、

年度末に冊子にしようと企画しているところが、

これまたすごい。

 

自主グループが立ちあがるには、

こういうきめ細やかな行政支援が必要なんですね

                                                
さて、今日は、午後から、

H28年度一般会計決算について、
会派で聞き取りをします。

 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

議会おしゃべりカフェをやりました

おはようございます。


今日は、秋のようなカラッとした空気。
                                                       

Photo_2



                               

昨日は、中新田コミセンで議会おしゃべりカフェを開催しました。用事があったり、具合が良くないなど連絡が来て、参加者は7人でした。


それぞれの方に、自己紹介をして頂き、
自分の話したいことを話してもらった後で、
ひろこ通信vol.7を見ながら、
6月議会定例会や議会改革特別委員会の視察、
9月定例会の議案について話しました。

 

特に、会津若松市議会の報告では、

議会で開かれる全ての会議を市民が許可なく傍聴でき、

会派代表者会議も傍聴でき、資料も全員に渡されること、

会派主義だが、会派を超えて議員が協力して、

市民の意見や要望を聞き、政策につなげる為に努力していることなど、

海老名市議会でも実現できたらいいと思うことをお伝えしました。

 

その後、たくさん質問を受けました。

例えば、運動公園の野球場や陸上競技場の改善、

厚木駅の道路の問題、病院の誘致、政務活動費についてなど。

 

さて、今日はこれから、
一般質問の調査、

午後からは、
発達障害交流会、補正予算についての聞き取りをします。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

新しいステージでキョロキョロ

こんにちは。


天気予報では、

今日が猛暑の最後と言ってたけど・・・

Photo


        友人からの絵手紙”ペコちゃん”➡


                                         

昨日は、9:00から議員全員協議会、 議会運営委員会があり、91日から始まる9月定例会に提出される議案等について、市長から人事案件、市長室長から議案の説明がありました。

 

議案は、

■一般職の職員の配偶者同行休業に関する条例の制定

■地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途及び規模の基準に関する条例の制定

■市条例の全部改正、障害者デイサービスセンター設置条例の一部改正

■廃棄物の減量化、資源化、適正処理等に関する条例の一部改正

■国分寺台ケアセンター設置条例の廃止

■工事請負契約の変更(市道53号線バイパス道路新設工事)

■一般会計補正予算

など24件。

 

 

私は、9月定例会から総務常任委員会に所属し、
議案審査と決算審査をします。

 

総務常任委員会は、
条例の制定や改正、
工事の締結や実施に関する議案が多く、
今まで話したことのない職員さんから説明を受けたり、

新しく学ぶこともあって、
興味津々です

 

昨日は、

議会改革特別委員会もあり、

議会基本条例策定などを議論しました。
内容は、あらためて報告します。


明日の午後13時から15時まで、

中新田コミセン会議室で、

議会おしゃべりカフェがあります。

ご都合をつけて、

おしゃべりしにおいでください。



| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

”みんなの食堂”っぽくなってきた~

おはようございます。


猛暑復活で、
海老名が有名になってます。

 

20178



                                                                           
一昨日は、月一回の”みんなの食堂”でした。

参加者は、幼児小学生12人、おとな22人、メンバー13人、ボランティア4人で合計51人。
                                                                                       
                                                                                    

20178_2

 

                                                                              
                                                                              

メニューは、夏野菜カレーとビシソワーズスープ。
カボチャの黄、オクラとししとうの緑、にんじんのオレンジ、茄子の紫と、色とりどりなカレーと、ジャガイモと玉ねぎのスープ。

 

おかげで、ご飯が足りなくなって、

メンバーの分をもう一回炊いたほどでした。

 

今回のハイライトは、

大学生と介護士と栄養士の男女4人が、

ボランティアで参加してくれたこと。

 

若い人が給仕をすると、
お年寄りの顔がパッと明るくなって、

おしゃべりが弾みます。

 

オープンして一年、

一人暮らしの高齢者や、
日常的にご飯を作るのが大変な方、

子ども連れの働くママたちが、

わいわいと集まってくるようになりました。

 

でも・・・実は、まだ来て貰えてないのが、

家の事情で一人でご飯を食べてる小学生や中学生。

 

地域の子どもが、

「お腹がすいた~」と気軽に寄れて、

地域のおばちゃんたちと何気ない話ができて、

手作りのご飯を食べれて、

本を読んでもらったり、宿題もみてもらえる、

そんな場所にしたいと、

メンバー一同、はりきって待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

だから荒野

おはようございます。

 

お風呂場の脱衣所で鳴いてるのは、

コオロギかな?鈴虫かな?

 

夏も後半。

友人たちから、

小浜島の青空の下で家族一緒に笑顔で写ってる写真や、

山中湖でカヌーやバーベキューに興じる写真などが、

送られてきて、

私は、それらを斜めに見ながら、9月の一般質問の準備中。

 

今年はサクとどっかに行こうと楽しみにしてたのに、

結局、私の夏休みは、
8
月最初の1泊2日の道志村だけだったかと思うと、

寂しくて、なおさら原稿が進まない。

 

実は、7月に会派の構成メンバーが一人減り、

9月議会定例会では、

私の所属が、文教社会常任委員会から総務常任委員会に変わるので、その準備もあり、一般質問は早くやっておきたいのだ。

Photo

 

 
                                                                                                                              

 

それなのに、ふと魔が差して、桐野夏生の小説を手に取って読み始めたら、もう止まらない。

 

生活的な自立が全くできない夫や息子たちの世話に疲れ果て、家を出た主人公が、夫のゴルフ道具を中古屋に売り飛ばし、元彼に会いに長崎まで車で出かける第一章。

ううう、先を読みたい・・・。

 

 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

見せる議会から見える議会に

おはようございます。

                                     
猛暑から一転、40年ぶりの長雨だそうで、
田んぼや畑の作物が心配です。
                                                      

20177_3

 



7月に視察に行った伊達市と会津若松市議会の視察報告書を、お盆の間に、なんとかまとめることができました。

                     
海老名市の議会改革特別委員会では、

H31年の改選前までに”議会基本条例”の制定をめざしているので、

2市の条例制定のプロセスと課題がとても参考になります。

 

2市のやり方は、
”議会基本条例”を先に作り、

それをきっかけに改革する手法ですが、

海老名市は、
実際に改革できるところは改革し、

結果を条例に収めるやり方をしています。

 

先行する2市の取り組みと比べると、

海老名市は、
議会報告会の回数や地区数が圧倒的に少なく、

”意見交換会”でなく”市民の意見を承る”形式。

市民からの要望を政策に活かす”委員会”も未設置です。

 

広く市民から意見を聞き、
それを議会で議論し、
市民に何度もフィードバックする機能が実現できていません。

                                                       
会津若松市議会の広報広聴委員会副委員長は、
一期目2年目で副委員長に就任。

5つの班体制を作り、6人で動くことで、
会派や期数に関係なく討論できるようになった。

議会の”見せる化”から”見える化”が実現でき、

市民と議会が近くなってきたと感じる」
という話が印象的でした。

 

会津若松市議会のように、

市民からの要望を議論する委員会を200回も開催できるのか?
PDCA(政策形成)サイクルを回せるか?
あと2年間で、条例制定までこぎつけることができるか?
まだ先行きは不透明です。

 

具体的に改革を実行していかなければ、

条例が絵に描いた餅になってしまうので、
しっかり議論していきたいと思います。

 

次回の議会改革特別委員会は8/25です。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

防災意識の啓発に一役買うか?

おはようございます。

 

涼しいので、身体が楽になりました。

 

先週、危機管理課の担当者に、

豪雨災害対策について話を聞きました。

 

8/1に海老名市に降った雨は、
15:00から16:00の一時間で120mm。

国分北で床上2㎝が1件、
柏ヶ谷5丁目と国分北で床下7件だったそうです。

 

ゲリラ豪雨は予測が難しく、
今後どこに起きてもおかしくなく、
土砂災害警戒区域の対策も重要です。

 

Q.初動は?

➡すぐに避難所への避難でなく、2階があれば上に上がって下さいと伝えている。

 

Q.土嚢は、どこに連絡すればいいか?

➡消防119か危機管理課に連絡してくれれば運ぶ。

 

Q.8/1に市民からの通報は、何件だったか?

➡「川の水位を見に行け」というような内容も含めて20件あった。

20178_2





                                                                                                                                                                                       

その後、 自治会で回覧している「耐震ブレーカー設置希望調査」の話になりました。

 

危機管理課としては、
「感震ブレーカーを自力で設置できない高齢者には、
設置するまでを自治会にお願いし、
それによって災害時要配慮者を自治会が把握できることも目的」
とのことでした。

 

”各地区の世帯の合意が得られれば市が全額補助してくれる”
ということなんだけど、

「ただで貰えるから申し込んでおこう」という人と、
「何だかよくわからないから申し込まない」人がいるんじゃないでしょうか?


災害時の火災発生0を目指して、
地域の理解が進むことを応援していきたいと思います。

 

 

 

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

ボスの時間

おはようございます。

 

ほらね、涼しくなった。

 

Photo_3








 

 

西野博之さん(フリスペースたまりば)の私学保護者会の講演会議録を読みました。

 

私の問題とあなたの問題を分ける練習は日々したほうがいい。

この人の悲しみを私が引き取ってあげなければいけないと思ってしまう習性が私の中にある。
そうじゃない、この怒りや悲しみはあなたのものであって、

私のものではない、というふうに相手に返していく。

 

境界線が混乱すると、子どもがかわいそうになって、

本当は問題解決能力を持っているのに、全部私が先回りして、
子どもの問題を解決してあげてしまう。

これが子どもの生きづらさになってきます。」

 

西野さんと同じように、

多くの人が、そういう習性を持っていて、

関わり方によっては、
子どもの力を奪うことにもなるから気をつけましょうってことですね。

 

その前に、
おとながなんでも子どもの言うことを聞いてあげるのが大前提
だと、
私は思う。

 

泣いたり怒ったりした時、
それを全部受け止めてあげられるおとながいたら、

その子は、怒っちゃダメ泣いちゃダメと思わずに、自分を肯定して生きていけると思うから。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

止まない雨はない

おはようございます。


明け方は蒸し暑かったけど、
空気が入れ替わってひんやり。
                                                                                                                        

20178_2





                                                          

 

昨日は記録的な猛暑で、こんなときは頑張らないで、なんとか命をつないでいこうと決心していたのですが、朝からサクとシーちゃんとプール遊び。

 

昼からは、

墓参り→親戚の家を訪問→遅い昼ごはん→兄宅訪問→コジマ電気

と、サクたちについてきてもらって忙しい日でした。

 

暑くて、熱中症で亡くなる子どもが後を絶たず、

若い人たちの苦しさを思うと、
やり切れない思いをしていましたが、
“苦しみの状態は永遠には続かない”
という仏教の教えどおり、気候は移り変わり、
今日からお盆にかけてはいくらか過ごしやすくなりそうです。

 

今日の予定は、
午前中に、
通信を配布をしてくださる方に届け、
伊達市・会津若松市と和光市の視察報告をまとめ、

午後から、
大雨対策について、
危機管理課に聞いてきます。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

和光市視察と盛り沢山なイベント

おはようございます。


台風が去って、涼しい風が吹いてます。

 

先週は、和光市視察、スマホ説明会、
ひだまりサロン、中新田盆踊り大会、
市民からの相談など、イベントが満載でした。

20178_2

 

 

                                                
←和光市を視察した”いちごの会”のメンバー。

                                 
和光市は、
地域包括ケアシステムが充実していることで有名で、

同じ日に、長久手市や松本市、花巻市、
八尾市、長崎県長与町からも
視察があり、
合同行政視察研修になりました。

担当者がやる気があり、
市長がそれを受け入れて後押しすれば、
子育てから終末期までのケアマジメントができるというモデル事業。

 

詳しい内容は、後日報告します。

 

Photo

 

                                                                                                                                                      
研修の前に、
議会棟一階の食堂で食べたビーフシチュウ810円なり→
役所の食堂のメニューとは思えない美味しさ。

市民の為の食堂という感じでアットホームな雰囲気。
                                                                                                                        

Photo_2

 


                                                                                           
←本庁舎のロビーには、資料閲覧机があり、 「指定管理者との協議書」や「決算審査意見書」など行政文書が、誰でも閲覧できるように揃えられていました。

Photo_3



                                                                              
行政の情報公開が普通のことのようにできてる→

 

Photo_4



←議場の傍聴席。


議員や行政職員がよく見えるような作りになっていて、
海老名市議会の議場も、早く改修すべき、

議会改革は具体的なところからできると改めて思いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

2日間の夏休み

おはようございます。
8
月でもこんなに涼しくなるのね。

 

みんなの食堂のメンバー6人で、
山梨県で合宿してきました。

 

Photo

 

 


途中の“宮ケ瀬ふれあいの館”で、
かわいらしいウエルカムボードを購入。

 

作者は、みんなの食堂のメンバーの友人で、
食堂の看板やらエプロンを作ってくれた方。


作品を“ふれあいの館”に出品するのを、

友人がプロデュースして、

たまたまご本人が品物を納入している所に出くわしたというわけ。

 

木工品や手縫いのお人形やパッチワークなど、
娘さんとの共同作業で営んでいる「キコリドリだんち」に、

いつかぜひお邪魔したいと思います。

 


一泊二日の合宿では深夜までおしゃべりが続き、
友達の友だちが近しい友人になって行く魔法の時間。

 

それぞれの人生を歩んできた女たちの話は深くて複雑で、

自分の人生をふり返り、
チクリとした痛みも受け入れて肥やしにしていくたくましさに力を得ました。

 

さて、今日は、これから和光市に視察。

子育て包括支援の取り組みを聞いてきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

急がば回れ

おはようございます。
雨がしとしと日曜日です。

20177

 



                                                                                                              
今日は北部にポスティングに行く予定でしたが、このまま降り続いたら休養日にします。

 


先週は、市民まつり、議会改革特別委員会、
みんなの食堂、東北地方への2日間の視察、
映画“日本と再生”鑑賞会と、
目の回るような忙しさでした。

 

ガラ携からスマホに替えて、

リアルタイムな情報発信ができるかと思いきや、

操作の仕方に慣れず、

書いたのを何度も削除してしまい書き直したり、

Lineで友達になった人とトラブったり。


そして他人を真似て、

出かける予定を発信したものの、
報告ができず自己嫌悪。

 

 政治の世界では、次々といろんなことが起きていて、
受け取る情報が多すぎて、

消化不良ぎみでもあります。

 

何事も過剰適応しすぎるのは、

精神衛生上良くないですね。

私は私らしく、ゆっくりじっくりやっていこうと思います。



| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

やればできる

こんにちは。
一気に涼しくなって、生き返った気分です。

Photo



7/24に議会改革特別委員会 http://www.ustream.tv/recorded/106175874 が開催されました。

1.    議会報告会(7/2、7/8開催)について

田中ひろこの意見・・・ 壮年男性の参加が多く、
女性や若い人の参加割合を分析する必要あり。
昨年のワークショップ形式のほうが意見を言いやすかったという感想もあった。
やり方を固定化してしまわず、
他市の取り組み(市民参加による基調講演やパネルディ スカッションなど)も参考に工夫が必要。
➡各委員の意見をもとに報告書を作成。次年度への申し送りは検討する。

2.    議会基本条例・倫理条例について

正副委員長より議会基本条例策定の工程案が示された。
2017年11月までに条例案の骨子(構成、前書きなど)作成、
2018年条文案の作成、
2019年9月議会定例会にて条例の議員提案、可決という流れ。
➡次回、工程に関して会派の意見をとりまとめて議論する。

3.    議会改革の取り組みの検証について

●一般質問の日数(2日間を3日間にする提案)について
●監査委員を務める議員が一般質問することについて
田中ひろこの意見・・・ 全国では3日間にする議会が増えている。
各議員の提案内容を議員全員がしっかりと理解し、
議会として、市全体の政策を進めていくためには、3日間にしていくべき。
➡「2日間で弊害はなく従来通りでいい」「監査委員だからと言って一般質問をしないというのは、議員の権能としてどうなのか」など、
各委員の意見が分かれているので、
他市の例を調べ行政の意見も参考にし、次回に議論する。

●議員への資料配布について
➡従来通り、議会運営委員会の前々日までとする。

●議場及び委員会室へのパソコン等の持ち込みについて
➡ネット解禁は大筋認めるが、
無制限にするのではなくルール作りが必要。
倫理条例にするか、申し合わせにするか、次回に持ち越し。

4.    議会クラウドについて

➡9月議会で無料版のアプリを使うことに決定。
希望者を募る。


5.    更なるインターネット中継について

議長より「インターネット中継を行うことについて市側の意見を伺うことに関する文書」を提出。
➡了承

6.    議員定数、報酬について 
➡次回8/25に検討。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

"精神医療について思うこと"夏苅郁子

おはようございます。

こう暑いと、
立ち向かう気力がなくなってきますね。

 

先週の土曜日に、

鎌倉市福祉センターで開催された児童精神科医の夏苅郁子さんの講演会に、

精神保健促進会2πrの皆さんと出かけてきました。

 

夏苅さんは幼い頃に母親が統合失調症を発症し、
大変苦しい辛い子ども時代を過ごしたそうです。

 

敷きっぱなしの布団にネズミや猫の糞があったり、

毎日同じおかずを食べさせられたことなど、

生々しい話に引き込まれました。

 

思春期には、摂食障害やうつ病、リストカットを経験、

苦しさを乗り越えて精神科医になり、

今は、医者と当事者と家族が共に考えられる医療改革に取り組んでおられます。

 

「自分が欲しかった支援は?」

という質問に対して、

病気の家族を嫌いになってしまう苦しさを周囲にわかってほしかった。

父親に、病気への理解と接し方を教えてほしかった。

優しい声かけよりも、具体的な生活支援、掃除や食事作り、

学校で使う備品の補助などの支援がほしかったと。

 

国が決めたレールで障害者に“あてがっている”ような作業所の現状を改め、

行きたくなるような魅力的な作業所に、

今の時代ならできないことはないという話は、

現場を知らない医者の口からは出ない言葉でした。

Photo


                                        
患者や家族から医者に聞けない質問事項を記載した“質問促進パンフレット”を
製薬会社や厚労省から助成金を貰わずに作成。


医者が患者のことをわかろうとしていない現実や、
患者が一番苦労しているのは、医者とのコミュニケーションであることなど、アンケート調査を実施して、見えてきた実態を精神神経学会という正式な場で今後発表していくそうです。


「患者によりそわない医者は査定されるべきだ」

という言葉に、夏苅さんの強い意志を感じました。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

ハードなポスティング

おはようございます。
年々猛暑がひどくなってると感じるのは気のせい?
                                                                                                                     

Photo_3




通信を折る作業を終えて、
お手伝いしてくれる友人たちに届け、 自分も毎日500枚から600枚をポスティングしています。


配るのは23時間なのですが、
終わって帰宅すると、 頭がボーッとして1時間くらい動けないです。

扇風機の風に当たりながら、

「こんなに苦労して通信を作って配ったって、

どうせ捨てられちゃうんじゃないか。

政治に関心なんかないんじゃないかな。」

と自信がなくなったりもしますが、

各地でいろんな人に出会い、
話をすると元気になるから不思議。

                                              
自分に
やれることを、
少しづつでもやっていこうと思います。

今日はこれから議員会の視察研修で、
川崎の火力発電所に行ってきます。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

なんで調乳室やトイレの空調を削って、遊具なの?

こんにちは。
連日の蒸し暑さ半端ないですね。

Photo

毎日が死ぬか生きるかって感じです。

 

7/10の議会臨時会で、
海老名市立下今泉保育園の工事請け負い契約の変更(1,426万円の増額)が、
賛成多数で可決されました。

 

今回の決定による契約金額は、
268,380,000円から282,646,800円に変更されます。

 

私は、以下の理由で反対しました。


➀設計施工一括発注工事は、指定管理者との協議の上で、
H28
11/15に締結された契約金額内で行われるべき。

 

②「大型遊具、築山、大型鏡など」の提案は、
昨年11月~3月までの3者協議の中で、何度も話し合われており、

 予算内にできなかった根拠が納得できない。

 

③プロポーザルとは、価格競争ではなく企画内容を競うことによって、
質の高い事業者を選定することがメリットであるはず。

なのに、調乳室や1,2階トイレの空調設備や照明昼光センサーをとりやめたことは、
保育の向上のための機能低下を招く懸念がある。

 

④公共施設再編計画の中で、
公立保育園の民間委託について幅広い計画が必要。


今日は、これから、
新宿で開催されている、
”私たちは『
買われた』”展を見に行ってきま~す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

通信vol.7ができたよ~

こんにちは。

ものすごい蒸し暑さです。


九州豪雨で被災された方に、
心からお見舞い申し上げます。

7



                                                                                        


“ひろこ通信vol.7”がやっとできあがり、編集をお願いしているSちゃんに印刷の発注をしてもらいました。

 

今回の通信では、6月議会定例会の結果報告、議会改革特別委員会での私の発言内容、一般質問の質問と答弁、議会おしゃべりカフェの日程などをお知らせしています。

 

オモテもウラも文字がぎっちりと並び、

正直言って、あまり面白くないかもしれませんが、
私の通信を手に取って読んでくれる人は、

「議員に癒されたい」
なんて思ってる人はいないでしょう。

 

人の気持ちを忖度したり、
媚びを売るようになったらおしまい。

これからもブレずに、
まじめな通信を作っていこうと思います。

 

ホヤホヤの通信が自宅に到着するのは明日の午後。

折り機で折り、
ポスティングしてくれる友人たちに届けて、

皆さんのお手元に届くのは7月下旬から8月上旬になるでしょうか。


皆様からの感想や意見を頂くのが楽しみです。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

子どもの未来

おはようございます。
今朝は空気がさらっとしてます。

Photo

 

                                                                                       

来週7/10に臨時会が開かれます。


議案書によると、
工事請負契約の変更について(海老名市立下今泉保育園整備事業)、契約金額を268,380,000円から282,646,800円に変更したいそうです。

 

14,266,800円の増額の理由は、
複合遊具、築山の設置、電気設備及び正解設備の暫定整備、借地部分の舗装工事、
保育室の設備だそうです。

 

市立下今泉保育園は、
市が、指定管理者制度導入による民営化を進める為、

老朽化した園舎を木造2階建てに建て替え、

定員増を図ることを提案、
昨年11月の臨時会で賛成多数で可決されています。


私は、
工期短縮した理由が明確でないなどの理由で反対しました。


木造2階建てに2億8千万円
(本体工事は1億9000万円) もの税金をかけるのです。


「保育環境の向上に資するため」
という言葉で、

指定管理者や施工事業者の意向による増額を安易に許可することにならないように、
しっかり審査したいと思います。


 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

«「なんで女だけ支援するんだ?」という男性の疑問に対して