2017年8月21日 (月)

だから荒野

おはようございます。

 

お風呂場の脱衣所で鳴いてるのは、

コオロギかな?鈴虫かな?

 

夏も後半。

友人たちから、

小浜島の青空の下で家族一緒に笑顔で写ってる写真や、

山中湖でカヌーやバーベキューに興じる写真などが、

送られてきて、

私は、それらを斜めに見ながら、9月の一般質問の準備中。

 

今年はサクとどっかに行こうと楽しみにしてたのに、

結局、私の夏休みは、
8
月最初の1泊2日の道志村だけだったかと思うと、

寂しくて、なおさら原稿が進まない。

 

実は、7月に会派の構成メンバーが一人減り、

9月議会定例会では、

私の所属が、文教社会常任委員会から総務常任委員会に変わるので、その準備もあり、一般質問は早くやっておきたいのだ。

Photo

 

 
                                                                                                                              

 

それなのに、ふと魔が差して、桐野夏生の小説を手に取って読み始めたら、もう止まらない。

 

生活的な自立が全くできない夫や息子たちの世話に疲れ果て、家を出た主人公が、夫のゴルフ道具を中古屋に売り飛ばし、元彼に会いに長崎まで車で出かける第一章。

ううう、先を読みたい・・・。

 

 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

見せる議会から見える議会に

おはようございます。

                                     
猛暑から一転、40年ぶりの長雨だそうで、
田んぼや畑の作物が心配です。
                                                      

20177_3

 



7月に視察に行った伊達市と会津若松市議会の視察報告書を、お盆の間に、なんとかまとめることができました。

                     
海老名市の議会改革特別委員会では、

H31年の改選前までに”議会基本条例”の制定をめざしているので、

2市の条例制定のプロセスと課題がとても参考になります。

 

2市のやり方は、
”議会基本条例”を先に作り、

それをきっかけに改革する手法ですが、

海老名市は、
実際に改革できるところは改革し、

結果を条例に収めるやり方をしています。

 

先行する2市の取り組みと比べると、

海老名市は、
議会報告会の回数や地区数が圧倒的に少なく、

”意見交換会”でなく”市民の意見を承る”形式。

市民からの要望を政策に活かす”委員会”も未設置です。

 

広く市民から意見を聞き、
それを議会で議論し、
市民に何度もフィードバックする機能が実現できていません。

                                                       
会津若松市議会の広報広聴委員会副委員長は、
一期目2年目で副委員長に就任。

5つの班体制を作り、6人で動くことで、
会派や期数に関係なく討論できるようになった。

議会の”見せる化”から”見える化”が実現でき、

市民と議会が近くなってきたと感じる」
という話が印象的でした。

 

会津若松市議会のように、

市民からの要望を議論する委員会を200回も開催できるのか?
PDCA(政策形成)サイクルを回せるか?
あと2年間で、条例制定までこぎつけることができるか?
まだ先行きは不透明です。

 

具体的に改革を実行していかなければ、

条例が絵に描いた餅になってしまうので、
しっかり議論していきたいと思います。

 

次回の議会改革特別委員会は8/25です。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

防災意識の啓発に一役買うか?

おはようございます。

 

涼しいので、身体が楽になりました。

 

先週、危機管理課の担当者に、

豪雨災害対策について話を聞きました。

 

8/1に海老名市に降った雨は、
15:00から16:00の一時間で120mm。

国分北で床上2㎝が1件、
柏ヶ谷5丁目と国分北で床下7件だったそうです。

 

ゲリラ豪雨は予測が難しく、
今後どこに起きてもおかしくなく、
土砂災害警戒区域の対策も重要です。

 

Q.初動は?

➡すぐに避難所への避難でなく、2階があれば上に上がって下さいと伝えている。

 

Q.土嚢は、どこに連絡すればいいか?

➡消防119か危機管理課に連絡してくれれば運ぶ。

 

Q.8/1に市民からの通報は、何件だったか?

➡「川の水位を見に行け」というような内容も含めて20件あった。

20178_2





                                                                                                                                                                                       

その後、 自治会で回覧している「耐震ブレーカー設置希望調査」の話になりました。

 

危機管理課としては、
「感震ブレーカーを自力で設置できない高齢者には、
設置するまでを自治会にお願いし、
それによって災害時要配慮者を自治会が把握できることも目的」
とのことでした。

 

”各地区の世帯の合意が得られれば市が全額補助してくれる”
ということなんだけど、

「ただで貰えるから申し込んでおこう」という人と、
「何だかよくわからないから申し込まない」人がいるんじゃないでしょうか?


災害時の火災発生0を目指して、
地域の理解が進むことを応援していきたいと思います。

 

 

 

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

ボスの時間

おはようございます。

 

ほらね、涼しくなった。

 

Photo_3








 

 

西野博之さん(フリスペースたまりば)の私学保護者会の講演会議録を読みました。

 

私の問題とあなたの問題を分ける練習は日々したほうがいい。

この人の悲しみを私が引き取ってあげなければいけないと思ってしまう習性が私の中にある。
そうじゃない、この怒りや悲しみはあなたのものであって、

私のものではない、というふうに相手に返していく。

 

境界線が混乱すると、子どもがかわいそうになって、

本当は問題解決能力を持っているのに、全部私が先回りして、
子どもの問題を解決してあげてしまう。

これが子どもの生きづらさになってきます。」

 

西野さんと同じように、

多くの人が、そういう習性を持っていて、

関わり方によっては、
子どもの力を奪うことにもなるから気をつけましょうってことですね。

 

その前に、
おとながなんでも子どもの言うことを聞いてあげるのが大前提
だと、
私は思う。

 

泣いたり怒ったりした時、
それを全部受け止めてあげられるおとながいたら、

その子は、怒っちゃダメ泣いちゃダメと思わずに、自分を肯定して生きていけると思うから。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

止まない雨はない

おはようございます。


明け方は蒸し暑かったけど、
空気が入れ替わってひんやり。
                                                                                                                        

20178_2





                                                          

 

昨日は記録的な猛暑で、こんなときは頑張らないで、なんとか命をつないでいこうと決心していたのですが、朝からサクとシーちゃんとプール遊び。

 

昼からは、

墓参り→親戚の家を訪問→遅い昼ごはん→兄宅訪問→コジマ電気

と、サクたちについてきてもらって忙しい日でした。

 

暑くて、熱中症で亡くなる子どもが後を絶たず、

若い人たちの苦しさを思うと、
やり切れない思いをしていましたが、
“苦しみの状態は永遠には続かない”
という仏教の教えどおり、気候は移り変わり、
今日からお盆にかけてはいくらか過ごしやすくなりそうです。

 

今日の予定は、
午前中に、
通信を配布をしてくださる方に届け、
伊達市・会津若松市と和光市の視察報告をまとめ、

午後から、
大雨対策について、
危機管理課に聞いてきます。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

和光市視察と盛り沢山なイベント

おはようございます。


台風が去って、涼しい風が吹いてます。

 

先週は、和光市視察、スマホ説明会、
ひだまりサロン、中新田盆踊り大会、
市民からの相談など、イベントが満載でした。

20178_2

 

 

                                                
←和光市を視察した”いちごの会”のメンバー。

                                 
和光市は、
地域包括ケアシステムが充実していることで有名で、

同じ日に、長久手市や松本市、花巻市、
八尾市、長崎県長与町からも
視察があり、
合同行政視察研修になりました。

担当者がやる気があり、
市長がそれを受け入れて後押しすれば、
子育てから終末期までのケアマジメントができるというモデル事業。

 

詳しい内容は、後日報告します。

 

Photo

 

                                                                                                                                                      
研修の前に、
議会棟一階の食堂で食べたビーフシチュウ810円なり→
役所の食堂のメニューとは思えない美味しさ。

市民の為の食堂という感じでアットホームな雰囲気。
                                                                                                                        

Photo_2

 


                                                                                           
←本庁舎のロビーには、資料閲覧机があり、 「指定管理者との協議書」や「決算審査意見書」など行政文書が、誰でも閲覧できるように揃えられていました。

Photo_3



                                                                              
行政の情報公開が普通のことのようにできてる→

 

Photo_4



←議場の傍聴席。


議員や行政職員がよく見えるような作りになっていて、
海老名市議会の議場も、早く改修すべき、

議会改革は具体的なところからできると改めて思いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

2日間の夏休み

おはようございます。
8
月でもこんなに涼しくなるのね。

 

みんなの食堂のメンバー6人で、
山梨県で合宿してきました。

 

Photo

 

 


途中の“宮ケ瀬ふれあいの館”で、
かわいらしいウエルカムボードを購入。

 

作者は、みんなの食堂のメンバーの友人で、
食堂の看板やらエプロンを作ってくれた方。


作品を“ふれあいの館”に出品するのを、

友人がプロデュースして、

たまたまご本人が品物を納入している所に出くわしたというわけ。

 

木工品や手縫いのお人形やパッチワークなど、
娘さんとの共同作業で営んでいる「キコリドリだんち」に、

いつかぜひお邪魔したいと思います。

 


一泊二日の合宿では深夜までおしゃべりが続き、
友達の友だちが近しい友人になって行く魔法の時間。

 

それぞれの人生を歩んできた女たちの話は深くて複雑で、

自分の人生をふり返り、
チクリとした痛みも受け入れて肥やしにしていくたくましさに力を得ました。

 

さて、今日は、これから和光市に視察。

子育て包括支援の取り組みを聞いてきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

急がば回れ

おはようございます。
雨がしとしと日曜日です。

20177

 



                                                                                                              
今日は北部にポスティングに行く予定でしたが、このまま降り続いたら休養日にします。

 


先週は、市民まつり、議会改革特別委員会、
みんなの食堂、東北地方への2日間の視察、
映画“日本と再生”鑑賞会と、
目の回るような忙しさでした。

 

ガラ携からスマホに替えて、

リアルタイムな情報発信ができるかと思いきや、

操作の仕方に慣れず、

書いたのを何度も削除してしまい書き直したり、

Lineで友達になった人とトラブったり。


そして他人を真似て、

出かける予定を発信したものの、
報告ができず自己嫌悪。

 

 政治の世界では、次々といろんなことが起きていて、
受け取る情報が多すぎて、

消化不良ぎみでもあります。

 

何事も過剰適応しすぎるのは、

精神衛生上良くないですね。

私は私らしく、ゆっくりじっくりやっていこうと思います。



| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

やればできる

こんにちは。
一気に涼しくなって、生き返った気分です。

Photo



7/24に議会改革特別委員会 http://www.ustream.tv/recorded/106175874 が開催されました。

1.    議会報告会(7/2、7/8開催)について

田中ひろこの意見・・・ 壮年男性の参加が多く、
女性や若い人の参加割合を分析する必要あり。
昨年のワークショップ形式のほうが意見を言いやすかったという感想もあった。
やり方を固定化してしまわず、
他市の取り組み(市民参加による基調講演やパネルディ スカッションなど)も参考に工夫が必要。
➡各委員の意見をもとに報告書を作成。次年度への申し送りは検討する。

2.    議会基本条例・倫理条例について

正副委員長より議会基本条例策定の工程案が示された。
2017年11月までに条例案の骨子(構成、前書きなど)作成、
2018年条文案の作成、
2019年9月議会定例会にて条例の議員提案、可決という流れ。
➡次回、工程に関して会派の意見をとりまとめて議論する。

3.    議会改革の取り組みの検証について

●一般質問の日数(2日間を3日間にする提案)について
●監査委員を務める議員が一般質問することについて
田中ひろこの意見・・・ 全国では3日間にする議会が増えている。
各議員の提案内容を議員全員がしっかりと理解し、
議会として、市全体の政策を進めていくためには、3日間にしていくべき。
➡「2日間で弊害はなく従来通りでいい」「監査委員だからと言って一般質問をしないというのは、議員の権能としてどうなのか」など、
各委員の意見が分かれているので、
他市の例を調べ行政の意見も参考にし、次回に議論する。

●議員への資料配布について
➡従来通り、議会運営委員会の前々日までとする。

●議場及び委員会室へのパソコン等の持ち込みについて
➡ネット解禁は大筋認めるが、
無制限にするのではなくルール作りが必要。
倫理条例にするか、申し合わせにするか、次回に持ち越し。

4.    議会クラウドについて

➡9月議会で無料版のアプリを使うことに決定。
希望者を募る。


5.    更なるインターネット中継について

議長より「インターネット中継を行うことについて市側の意見を伺うことに関する文書」を提出。
➡了承

6.    議員定数、報酬について 
➡次回8/25に検討。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

"精神医療について思うこと"夏苅郁子

おはようございます。

こう暑いと、
立ち向かう気力がなくなってきますね。

 

先週の土曜日に、

鎌倉市福祉センターで開催された児童精神科医の夏苅郁子さんの講演会に、

精神保健促進会2πrの皆さんと出かけてきました。

 

夏苅さんは幼い頃に母親が統合失調症を発症し、
大変苦しい辛い子ども時代を過ごしたそうです。

 

敷きっぱなしの布団にネズミや猫の糞があったり、

毎日同じおかずを食べさせられたことなど、

生々しい話に引き込まれました。

 

思春期には、摂食障害やうつ病、リストカットを経験、

苦しさを乗り越えて精神科医になり、

今は、医者と当事者と家族が共に考えられる医療改革に取り組んでおられます。

 

「自分が欲しかった支援は?」

という質問に対して、

病気の家族を嫌いになってしまう苦しさを周囲にわかってほしかった。

父親に、病気への理解と接し方を教えてほしかった。

優しい声かけよりも、具体的な生活支援、掃除や食事作り、

学校で使う備品の補助などの支援がほしかったと。

 

国が決めたレールで障害者に“あてがっている”ような作業所の現状を改め、

行きたくなるような魅力的な作業所に、

今の時代ならできないことはないという話は、

現場を知らない医者の口からは出ない言葉でした。

Photo


                                        
患者や家族から医者に聞けない質問事項を記載した“質問促進パンフレット”を
製薬会社や厚労省から助成金を貰わずに作成。


医者が患者のことをわかろうとしていない現実や、
患者が一番苦労しているのは、医者とのコミュニケーションであることなど、アンケート調査を実施して、見えてきた実態を精神神経学会という正式な場で今後発表していくそうです。


「患者によりそわない医者は査定されるべきだ」

という言葉に、夏苅さんの強い意志を感じました。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

ハードなポスティング

おはようございます。
年々猛暑がひどくなってると感じるのは気のせい?
                                                                                                                     

Photo_3




通信を折る作業を終えて、
お手伝いしてくれる友人たちに届け、 自分も毎日500枚から600枚をポスティングしています。


配るのは23時間なのですが、
終わって帰宅すると、 頭がボーッとして1時間くらい動けないです。

扇風機の風に当たりながら、

「こんなに苦労して通信を作って配ったって、

どうせ捨てられちゃうんじゃないか。

政治に関心なんかないんじゃないかな。」

と自信がなくなったりもしますが、

各地でいろんな人に出会い、
話をすると元気になるから不思議。

                                              
自分に
やれることを、
少しづつでもやっていこうと思います。

今日はこれから議員会の視察研修で、
川崎の火力発電所に行ってきます。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

なんで調乳室やトイレの空調を削って、遊具なの?

こんにちは。
連日の蒸し暑さ半端ないですね。

Photo

毎日が死ぬか生きるかって感じです。

 

7/10の議会臨時会で、
海老名市立下今泉保育園の工事請け負い契約の変更(1,426万円の増額)が、
賛成多数で可決されました。

 

今回の決定による契約金額は、
268,380,000円から282,646,800円に変更されます。

 

私は、以下の理由で反対しました。


➀設計施工一括発注工事は、指定管理者との協議の上で、
H28
11/15に締結された契約金額内で行われるべき。

 

②「大型遊具、築山、大型鏡など」の提案は、
昨年11月~3月までの3者協議の中で、何度も話し合われており、

 予算内にできなかった根拠が納得できない。

 

③プロポーザルとは、価格競争ではなく企画内容を競うことによって、
質の高い事業者を選定することがメリットであるはず。

なのに、調乳室や1,2階トイレの空調設備や照明昼光センサーをとりやめたことは、
保育の向上のための機能低下を招く懸念がある。

 

④公共施設再編計画の中で、
公立保育園の民間委託について幅広い計画が必要。


今日は、これから、
新宿で開催されている、
”私たちは『
買われた』”展を見に行ってきま~す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

通信vol.7ができたよ~

こんにちは。

ものすごい蒸し暑さです。


九州豪雨で被災された方に、
心からお見舞い申し上げます。

7



                                                                                        


“ひろこ通信vol.7”がやっとできあがり、編集をお願いしているSちゃんに印刷の発注をしてもらいました。

 

今回の通信では、6月議会定例会の結果報告、議会改革特別委員会での私の発言内容、一般質問の質問と答弁、議会おしゃべりカフェの日程などをお知らせしています。

 

オモテもウラも文字がぎっちりと並び、

正直言って、あまり面白くないかもしれませんが、
私の通信を手に取って読んでくれる人は、

「議員に癒されたい」
なんて思ってる人はいないでしょう。

 

人の気持ちを忖度したり、
媚びを売るようになったらおしまい。

これからもブレずに、
まじめな通信を作っていこうと思います。

 

ホヤホヤの通信が自宅に到着するのは明日の午後。

折り機で折り、
ポスティングしてくれる友人たちに届けて、

皆さんのお手元に届くのは7月下旬から8月上旬になるでしょうか。


皆様からの感想や意見を頂くのが楽しみです。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

子どもの未来

おはようございます。
今朝は空気がさらっとしてます。

Photo

 

                                                                                       

来週7/10に臨時会が開かれます。


議案書によると、
工事請負契約の変更について(海老名市立下今泉保育園整備事業)、契約金額を268,380,000円から282,646,800円に変更したいそうです。

 

14,266,800円の増額の理由は、
複合遊具、築山の設置、電気設備及び正解設備の暫定整備、借地部分の舗装工事、
保育室の設備だそうです。

 

市立下今泉保育園は、
市が、指定管理者制度導入による民営化を進める為、

老朽化した園舎を木造2階建てに建て替え、

定員増を図ることを提案、
昨年11月の臨時会で賛成多数で可決されています。


私は、
工期短縮した理由が明確でないなどの理由で反対しました。


木造2階建てに2億8千万円
(本体工事は1億9000万円) もの税金をかけるのです。


「保育環境の向上に資するため」
という言葉で、

指定管理者や施工事業者の意向による増額を安易に許可することにならないように、
しっかり審査したいと思います。


 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

「なんで女だけ支援するんだ?」という男性の疑問に対して

こんにちは。

台風が近づいてきてるようです。


日曜日の市民活動推進課主催
「共に学ぼう!これからのコミュニケーション」講座は、
女性ばかり40人弱の参加でした。

 

参加者の中には、
「職場で上手なコミュニケーションを求められることが多く、

必死に申し込んだ」
という方がいて、

「うまく話せること」へのプレッシャーが、

家庭や職場で強まっているの感じました。

 

講座の内容は、
子どもの現状、youメッセージIメッセージ、

アサーティブトレーニング、性別役割意識、傾聴など、
情報が盛りだくさんで、
初めての参加者には少しハードルが高かったのでは?

 

最後のほうで、

「たくさん聞いたが、なんだかよくわからなかった」
と正直な感想を言われた方がいて、

それは何故なのか?
こういう方をおいてけぼりにしない事業の検討が、
必要ではないかと思いました。

 

男女共同参画の視点での事業であるならば、

コミュニケーションのノウハウを伝えるだけでなく、

自分の気持ちを伝えるのが難しいと感じてしまう女性たちの歴史や、

差別の現実を共有し、

もっと丁寧に相談支援につなげたり、

きめ細かい対応を進めていくことが求められます。

Photo

 

6/13の一般質問で、 横浜市男女共同参画センターの取り組み(写真)を紹介した際に、 以下のような答弁を貰いました。http://ebina.gijiroku.com/g07_Video_View.asp?SrchID=998

 

➡市民協働部長
「女性は家事手伝い等で“隠れひきこもり”となり、
外に出られない方も多くいる。
逆に、男性は自宅に居ることに違和感があり、
外に出られないのに出なくてはならないというプレッシャーやストレスがある。
まずは男女に関わらず無業の若者を支援し、
その上で、男女それぞれの特性に注視した施策が必要。
エンパワメント講座や若者サポートステーションと連携しながら支援して行く。」

 

誰の為の事業か?

ここでも、目的とゴールををはっきりさせないといけないと思います。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

誰をエンパワメントするのか?ゴールはどこか?

おはようございます。

今日も梅雨空です。

 

昨日の“ひきこもり講演会”の参加者は、
30人弱で、
“ひきこもり”の理解と、当事者への対応の仕方、若者支援室の紹介で、
とてもわかりやすかったです。

 

しかし、内容が家族や支援者を対象にしていて、

当事者も参加していたので少し戸惑いました。

 

「ネットワークを作りたい、居場所や家族会も作れればいい」
と講師が言ってましたが、
「誰の?」については、
はっきりしていませんでした。

6/13私の一般質問で、

教育長は、

「ひきこもり講演会などを続ける中で、ネットワークを作っていく」
と答弁されました。
http://ebina.gijiroku.com/g07_Video_View.asp?SrchID=998


誰をどのように支援し、ゴールはどこか?

それを明確にしないと、
このような講演会は、単なるアリバイ作りになりがちです。
今後の若者支援室の取り組みに期待しましょう。

今日はこれから、
市民活動推進課主催
「共に学ぼう!これからのコミュニケーション」 (10時から文化会館352
に参加してきます。

Photo_2


                                                                                             
これも6/13の私の一般
質問の際に答弁された事業なので、「目標がどこにあり、どのようにプロデュースされているのか?」しっかりチェックしてきます。

 

 

 


 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

配慮が必要な人のためにできること

おはようございます。

今日もこれから蒸し暑くなるのかな?

20176

 

今日はこれから、教育委員会“若者支援室”主催の「ひきこもり講演会」 (10時から市役所703 に行ってきます。

 

海老名市には、
“若者支援室”があるのですが、
市民にはあまり知られていないようです。

 

この“若者支援室”は、
H28年度の機構改革の中で教育委員会に設置されました。


内野市長によると、

「不登校や発達障害の児童生徒は、
中学を卒業すると、どうなっているかわからない。

将来、ニートやひきこもりになってしまう可能性があるので、

追っかけていくべきだろうということで、若者支援が始まった」

 のだそうです。6/14西田議員の一般質問での答弁より)

 

支援室は、
主に相談支援を行っていますが、

他にも市民講座や成人式などの事業を行っていて、

担当者は大変苦労されていて、

専任の担当者が必要だと思います。

 

障害福祉の関係団体や発達障害家族に、

この講演会があることをお知らせしたら、

皆さん知らなくて、 

ぜひ参加したいとのことで、

2家族が申し込みをされました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

一年続くなんて夢のよう。

おはようございます。

しっとり静かな雨です。

20176




                                                                                        

昨日は、みんなの食堂11回目でした。

おとな16人、小学生2人、幼児5人、メンバー12人で、賑やかにご飯を食べました。

メインメニューは、
いわしのカレー風味焼き。

地域のスーパーでさばいて貰ったいわしが、
新鮮でプリプリでした。

最近は、常連さんが多くなっている中で、
高齢者お二人が初参加。

「家族がそばに住んでるけど、
食事内容が違うから私は別に食べてる。
こういう場所ができてうれしいわ」
と。

昨年7月にオープンして、
なんと一年続きました。

メンバーは、おばあちゃん世代が中心で、
毎月来る子どもたちが成長するのを、
楽しみに見守っています。

来月は”一周年記念パーチー”を、
メンバー限定で開催の予定。

Photo

次回の食堂は、7/25(火)17:30~です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

自然治癒力って言われると、なんか自信が湧いてくる

おはようございます。

蒸し暑くて、毛穴から汗が吹き出しています。


                                                                                                                  

Photo



                                                                                          

昨日の午前中は、市民の方からいろいろと聞いていた地域の課題について、担当課に行って聞いてきました。

 

市道の街路樹の剪定は、自治会がやるのですか?

・・・計画では秋には市でやります。

用水路のフェンスは、新しいのに取り替えできますか?
・・・よほど壊れたりしなければ予算的に無理があり、すぐには取り換えできません。

市民農園は、土地を借りた市民が3年耕して土壌が良くなったら「ハイそれまでよ」と、地主に返すようなことにならないでしょうか?

・・・そのようにならないように努力します。

Photo_3

                                                       

午後は、精神保健ボランティア“つばさ”主催のヨガに参加。

背中をすーっとなでたり、手の指のツボを押したり、足の裏を踏んでもらったり、特に力を入れてるわけじゃないのに、体から力が抜けて楽になっていきます。

 

体に触られるのが苦手な人もいるけど、
言葉ではなく、
自分の状態を知り、

自然治癒力で治すと思えば、なんとなく力が湧いてきます。

 

「ひとりでも体が楽になって、なごんでくれて、
それが平和につながればいい」
と言う講師のNさん。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

議会改革度調査2016ランキングは322位

こんにちは。

日なたの暑さは真夏のようです。

 

全国の市町村議会がどれだけ改革されてるか、
順位が発表され、

海老名市議会は1347議会中322位でした。

 

上位には、北海道芽室町、滋賀県大津市、
三重県四日市市、石川県加賀市、福島県会津若松市などの議会が入っていて、
どのように改革が進められているか、

まだ行き先は未定ですが、7月中に行政視察する予定です。

 

Photo

 

昨日の議会改革特別員会では、以下の内容で議論しました。

1. 議会報告会について   

2. 議会基本条例・倫理条例について  

3. 議会改革の取り組みの検証について   

4. 議会クラウドについて  

5.更なるインターネット中継について   

6.一般質問の日程を増やすことについて

 

”議会基本条例・倫理条例について”の制定の期限では、
「市民参加による条例制定が不可欠であり、
市民との意見交換が担保されることが必要」
と提案しました。

 

”一般質問の日程を増やすことについて”は、
日程を2日間から3日間にしたいというもの。

海老名市議会では、ほとんどの議員が一般質問をするので、
2
日間では、議員も行政職員も非常にタイトであり、
質問内容と答弁を政策に活かすためにも、

行政側の理解を得て実現できればと思います。

 

議論の内容は、
ユーストリーム録画http://www.ustream.tv/recorded/105025138
をご覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

穏やかな話の裏にある痛みに、どれだけ気づけるか?

こんにちは。

日影はひんやり過ごしやすいです。

 

Photo

 



昨日は、海老名市役所で、 LGBTに対する理解を深める為の職員向け研修が行われ、
議員にも声かけして頂いたので、私も参加してきました。

 

Diveinnon代表・飯田亮瑠さんの話はとても丁寧で穏やかで、

大学の講義のようでしたが、
一日経って、じわじわと効いてきた気がします。

 

想像を絶する過酷な経験を訴えるというよりも、

聞いている人に負担をかけないように、

淡々と話されたことで、

返って、差別や偏見に気づかされた人も多かったのではないかと思います。

 

私は、LGBTのレズビアン、ゲイ、バイセクシャルまでは、
大体わかっていたのですが、

トランスジェンダーについて理解できて良かったです。

 

市民活動推進課によると、
昨年は、管理職、係長級職員向け人権啓発(LGBT)研修を2回実施し、

今回は、主事、主事補職員向け(約95名が参加)で3回目とのことでした。

 

一昨年の20151216日に、

私は、議員に当選したばかりの初めての一般質問で、

LGBTについて質問し、
http://www2.city.ebina.kanagawa.jp/voices/index.html

性的少数者の理解促進を女性プランに盛り込むことや、

性的少数者についての文科省の通知内容を市がどのように具体化しているのかを問いました。

 

その際、

「LGBTについての理解が海老名市で進んでいないばかりか、
偏見や差別を助長しかねない状況であり、
性的少数者への理解と啓発は、
この場にいる私や議員の皆さん、市の職員、そして、海老名市民全体の課題である」

という私の発言に対して、
「文言を撤回せよ」と執行部から要求されましたが、
拒否しました。

撤回しなくて良かったと、
今になってつくづく思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

性犯罪の厳罰化をめざす改正刑法が成立

おはようございます。

いいお天気です。

Photo


                                                                             

 

昨日、6月議会定例会が終了しました。
                                     

市議会でバタバタとやっている間に、国のほうでは、森友学園や加計学園の問題が明らかにされず、政府への国民の信頼が揺らいだまま、共謀罪が強行採決されました。

 

国民への説明が十分になされない国民不在の政治が、

このまままかり通っていくのではないかと、
多くの人が不安に思っています。

 

そのような中、
110年間も顧みられなかった強姦罪が改正されたことは、
たった一つの明るいニュース。

 

私は、
CAP(Child Assault Prevention)という子どもへの暴力防止活動で、

長年、性暴力防止について訴えてきましたが、

今回、被害者の声が大きく反映されたことで、
国民の権利を守ることができるようになります。

改正されたのは以下の通り。

強姦(ごうかん)罪→強制性交等罪

加害者は男性、被害者は女性→性別の規定を撤廃

法定刑の下限を懲役3年→懲役5年に引き上げ

強姦罪や強制わいせつ罪などを問うための被害者の告訴→不要に

暴行や脅迫がなければ罪に問えなかった親などから18歳未満の子どもへの性的な行為 →暴行や脅迫がなくても罪の問える「監護者性交等罪」を新設

                                                       
課題は、
 

被害者団体が求めていた「暴行または脅迫」の立証の撤廃が、 

次の改正に持ち越されたこと。 

これからも、 しっかり注視していかなければと思います。

                                                     

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

来たー!議員間討議

おはようございます。

薄着をしていると寒いくらいです。

Photo

 

先週6/9の議会改革特別委員会で、議会基本条例について話し合われました。http://www.ustream.tv/recorded/104590443

 


私の発言は以下の通り。

「基本条例がブームで一時全国的に取り入れていった議会が多かった。  

それによって議会の改革が進んだかというと、 

実態が伴っていない議会が多い。  

もっと議会で取り組まなければいけない具体的なことについて議論した上で、  

条例にしたほうがメリットあると思う。  

会派の問題、行政視察の報告のあり方、政務活動費の領収書のネット公開など、  

具体的な議会改革が進められることが、 

市民にとって本当の基本条例ではないかと思う。  

条例ができて規範になることはメリットだが、 

そのプロセスが大事だと思う」

 

各委員からそれぞれ意見が出ましたが、

私の意見が後ろ向きと捉えられたようで、
議員間討議になりました。

昨年の文教社会常任委員会から2回目です。

 

反問を受けて、私の意見は以下の通り。

「私は今期から参加させて頂いたので、  

前の期でだいぶ改革されてきたというのは徐々にわかってきている。 

例えば、議長副議長の選出の際に演説をして投票するなど、
他市ではなかなか進んでいないことなど、他にも様々な改革が進められていると思う。
ただ、まだ改革できていないこともあると思っていて、
もう少し話し合われ合意が取れた段階で基本条例に行くのがいいと思っている。
 

そういう意味で先ほど話された“ブームに乗るな”と先輩たちから言われたということも、
ある程度はそうだと思う。
  

条例改正をするのも大変なので、慎重に進めたほうがいいと思っている」 


こうして録音を聴き直してみると、
各委員がすごく丁寧ないい意見を出しています。

 

でもやっぱり条例を作る前に、
会派のあり方、政務活動費の後払いや領収書ネット公開、
議場での個人的な話題の持ち出し禁止、

寄付行為の禁止、

行政視察の報告書提出厳守など、

議論して合意しなければならないことは山ほどあるんじゃないのかな。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

「優しいおとな」 桐野夏生

おはようございます。

雨雲がかかって、小雨が降ってます。

 

Photo

 



一か月前から、なかなか読み進めなかった桐野夏生の小説を夜中に読み終えて、 ものすごく感動したわけでもないのに、 布団の中に入ったら泣けてきて、頭が冴えて、今朝は寝不足です。

 


社会福祉制度が崩壊してしまい、

国や自治体が対策に手を焼いてウロウロしているうちに、

荒廃して行く日本の様子がリアルに描かれています。

                                                 
行く場を失った子どもたちがストリートチルドレンとなり、
アンダーグラウンドの世界で暮らすようになる渋谷の街・・・。

 

桐野夏生の小説は、
どの作品もぐっと胸に迫ってくるものばかりだけど、
この小説もまた、
途中で読むのをやめてしまいたくなるほど、
エグくて暗くて汚くて希望が微塵もない内容でした。

 

「どんなに抗ったって、いずれはこんな時代になるんだよ」と、
作者の脅しのような声が聞こえてきます。

見たくないことや見えなくさせられていることに目を向け、
時代の変化に対応できるセンスを磨くこと、 
社会経済や政治について考え、声をあげていきたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

沈黙を余儀なくされてきた若年女性たちへの支援

おはようございます。

今日は曇り空。

 

久々に風邪をひいて丸一日寝込みました。

寝る為のエネルギーが足りなくなったのか、
疲れしました。

 

でも以前に風邪をひいたのは10月だったので、
冬を越して半年も頑張った!!

Photo_2

 


   
                                                                  

 

今日は、これから京浜急行南太田にある横浜市のフォーラム南太田に、一人で視察に行ってきます。

ガールズ支援掲載のビッグイッシュー➡

 

横浜市男女共同参画推進協会では、
生きづらさや働きづらさに悩む若年女性を対象に、
“ガールズ編しごと準備講座”
 http://girls-support.info/という事業を実施しており、 毎年春と秋に、11回の講座を開催しています。

 

その上、このセンターには、とてもおしゃれなカフェがあり、

講座を修了した女性たちが体験就労として、

接客態度や人とのコミュニケーションを学んでいるとのこと。

 

公的な事業なのにセンスがよくて、
かなりの成功を納めていて、
それが8年間も続いているという企画の秘密の裏側を、
聞いてこようと思います。

乞うご期待!

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

なんだ、ちっぽけなことだった。

おはようございます。


朝は涼しいけど、これから暑くなりそう。

 

昨日は、議会初日の議案採決の後、
一般質問の通告をしたのですが、

簡単に済むと思ったのにうまく書けず、
あちこちの部署に聞き直したりしてバタバタしました。

 

くじ引きをして、

私は6/13(火)の7番目になりました。

Photo

 

夜、中村哲さんの講演会が大和市シリウスであり、急いで向かうと、会場の入り口は、人気アイドルのライブかと思うほどの長蛇の列。ホールは満員で100人ほどが入れなかったそうです。

 

中村哲さんは、

干ばつと飢餓に苦しむアフガニスタンで、
30
年以上も医療支援や水路事業を行い、

日本から延べ30億円のカンパを集めて、

広大な砂漠を緑に変え、
途方に暮れる人々を励まし続けてきた偉人です。


質疑応答で印象に残ったのは以下の通り。

武器を持たなくても経済発展しなくても生きる道はある。
日本は忖度社会で、権力に対して者が言えない社会、
その弱点を知った上で、気を使いすぎないようにするのが大事だ。
北朝鮮問題などでは、なるべく敵を作らず仲良くすること。
アフガニスタンでの活動では、社会運動を持ち込んだり、
自分の価値判断を押し付けたらうまくいかなかった。


あくまでもアフガニスタン人の手で、方法で、
力を尽くすことをめざし、

感謝と祈り、そして現実主義をつらぬく中村さんに共感。


昼間に、役所の職員とお互いの気持ちが伝わらない時間を過ごし、

うんざりしてやる気をなくしていたのだけど、

めげずに伝える努力をしよう。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

ピンチをチャンスにできるのは女性だな

こんにちは。

 

朝はひんやり心地良いです。

 

昨日は、朝8時から自治会の清掃活動で、
丸田公園の草取りをしました。

手分けして刈った草はビニール袋36個。

 

10時からは、中新田コミセンで議会おしゃべりカフェ。
いつも参加して下さっている方々の他に、
座間市の友人と国分北の女性が初参加。

 

行政に対して、たくさんの質問や意見を頂戴したので、
担当課に聞いてこようと思います。

Photo

 


                                                                           

午後は、JR相模線と京王線を乗り継いで、国領駅にある調布市市民プラザあくろすで開催された講演会(全国フェミニスト議員連盟主催)に参加。


「ひきこもり支援で地域に力を」
と題して、

秋田県藤里町社会福祉協議会会長の菊池まゆみさんのお話を聞きました。

 

ひきこもり支援は、今や全国の自治体で課題となっていますが、

なかなか進んでいないのが現状です。

そんな中、”どこにも所属していない人の支援”と、
地方創生と町おこしを展開し成功させた藤里町。

 

この事業がうまくいったのは、

「どこかの偉い人がやってくれる地方創生なんてやりたくない」

という反骨精神満々の菊池さんを、
社会福祉協議会の事務局長に起用し会長に抜擢した、

歴代町長の英断にあると思います。

 

先日行った行政視察でも、
地域福祉の弱みと強みをよく知る賢くてねばり強い女性が、

町のピンチをチャンスにつなげていました。

海老名市は如何に。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

走ったり転がったり象さんも大変だ

こんにちは。

 

雨で緑が美しいです。

 

昨日は、議会運営委員会。

名前のとおり議会の運営方法について、
会派の代表者が議論して決める場です。


私は委員ではないので、控室で成り行きを聞きました。

 

6月議会定例会の議案は11で、

そのうち7が総務常任委員会に、1が経済建設常任委員に付託され、

2が議会初日に即決、1議案が3常任委員会に付託となりました。


他にも、
条例の一部改正などの専決処分や、
継続費繰越計算書の承認事項が9件あります。

 

いつものことですが、
しっかり調査して委員会に臨む委員の熱心な態度に頭が下がります。

具体的な質問がされることで、

行政の準備した議案の内容が明らかにされ、
議員にとっても市民にとっても、また行政の職員にとっても理解が深まります。

私が特に気になる議案は、
33,34号 海老名市障害者第三デイサービスセンター(あきば)建設工事の請負契約の変更、
35号 海老名市資源化センター大規模改修工事の請負契約の締結、38号 海老名市一般会計補正予算のうち市庁舎大規模改修事業についてです。

Photo


                                         

                                          
夕方、サクと一緒に近所をお散歩。
空気で膨らましたビニールの象さんは頼りなく見えるけど、サクにとって大切な友だちみたいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

いい感じの対話をめざす

おはようございます。

 

今日は昨日よりもっと過ごしやすいです。

 

昨日は、みんなの食堂10回目。

大人18人、小学生4人、幼児6人、メンバー14人で、

賑やかに開催できました。

 

初めて来られた人がけっこう緊張しておられて、

ロールキャベツの味がイマイチわからなかったんではないかな。

 

4回目という高齢者の方が、
「ここに来るにはハードルが高いが、慣れたら行きたいと思うようになった」

と言って下さって、

こういう本音が言えるようになれば、安心な場所になるのだなあと思いました。

20175_2




 

←ふり返りの時間では、今日のメニューはどうだったか?どうやって“みんなの食堂”にできるか?子どもの貧困てどういうこと?みんなの食堂がどんな役割を果たせるのか?話し合いました。

 

「一部の人の負担が大きいので調理を平等に担うことにしてはどうか?」
という意見に対して、

「長く活動するには、それぞれの関わり方を尊重しよう」

という意見が多く出て、
メンバー同士の対話も”いい感じ”に
深まってます。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

ありゃ、歯茎が腫れた?

こんにちは。

 

今日は風が涼しくて昨日より過ごしやすいです。


先週の行政視察から帰ってから、

対話の場づくりワークショップ(働く女性の全国センター主催)、
海老名市学童保育連絡協議会総会、
発達障害家族教室交流会、
民生委員創設100周年記念講演会&祝賀会に参加し、
その合間に、
市の所管課に一般質問の聞き取りをしました。

6_4








6_5


                                                                                    

                                                                    

                                                   
3月議会の報告”ひろこ通信6号”の配布が、

まだ終わっていないのが懸案でしたが、
一番多く配布してくれている人から「終了!」という連絡が入り一安心。

 

いよいよ6月議会定例会が始まります。
期間は6/1から6/16まで。
総務、文教社会、経済建設の3常任委員会は6/7,8,9
一般質問は6/13,14に行われます。

今回の一般質問は、
女性が幸せに生きる為の支援について質問したいと考えています。

 

歯茎が腫れてしまったので、
痛くない歯医者を探して、まず私が幸せにならないと・・・。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

«いつかは鷹揚になれるかな。